自分に適した葉酸サプリはどれ?目的別のおすすめ成分をご紹介

ママニック

女性には、妊娠出産における、年齢的なタイムリミットがあります。そのため妊活は、ズルズルと長く続けるべきではありません。

長引けば長引くほど、出産の時期は遅れます。さらに、母子が健康でいられる可能性が下がってしまいます。

そのため妊活は、スピーディに的確に!体質に合わせて、効果の出やすい方法で進めていくことが肝心ですよ。

自分の体のどこを改善すれば、妊娠しやすくなるのか。最初にこのことを、しっかりと考えてくださいね。

そして、出た答えを基に葉酸サプリを選びましょう。サプリごとに配合成分と効果とが異なっているので、自分に最も適したものを選ぶのです。

ここでは、葉酸サプリによく配合されている成分をご紹介します。目的別のおすすめ成分をまとめたので、葉酸サプリを選ぶ際の参考になりますよ。

マカ(ホルモンバランスを整える)

マカは、古くから滋養強壮に使われている植物です。

妊娠をサポートする力にも長けているため、多くの葉酸サプリの原料とされています。

具体的にマカには、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする、フィトエストロゲン(植物性のエストロゲン)が含まれているからです。

体内でのエストロゲンの分泌量が不足しがちになると、妊娠は難しくなります。

しかしマカで作られた葉酸サプリを飲んでいれば、その状態が改善されやすくなるのです。

また、マカにはアルギニンもたっぷりと含まれています。

アルギニンは、血の巡りを良くするアミノ酸です。

血行不良も不妊の原因になるため、その点からもマカは妊活に効果的とされているのです。

鉄分(体の機能低下を防ぐ)

ホルモンバランスが良くても、血液の質が悪いと妊娠しにくい体になります。

なぜなら質の悪い血液は、酸素をしっかりと運搬できないからです。

これにより体は、酸欠や貧血の状態となります。

すると機能が低下し、子宮や卵巣の働きが悪くなります。

これが、不妊のリスクを高めてしまうのです。

そのため日頃から貧血がちな女性には、鉄分が多く配合された葉酸サプリをおすすめします。

鉄分はミネラルの一種で、血液中のヘモグロビンの材料となります。

酸素はヘモグロビンによって運搬されます。

そのため鉄分を摂取していれば、酸欠や貧血が防がれやすくなりますよ。

鉄分の中でも特にヘム鉄(動物由来の鉄分)がおすすめです。

そして、鉄分の吸収率を高めるビタミンCも一緒に配合された葉酸サプリは、さらにおすすめです。

ショウガ、トウガラシ(冷え性を防ぐ)

いくら血液の質が良くても、流れが悪ければ、やはり体の機能は低下します。

特に低下しやすいのは体温で、これにより体は冷え性と呼ばれる状態になります。

冷え性もまた、妊娠を望む女性には厄介な敵ですよ。

十分な温もりがなければ、お腹の赤ちゃんはうまく育たないからです。

そのため体が冷えがちな女性は、ショウガやトウガラシが原料となっている葉酸サプリを飲みましょう。

ショウガにはジンゲロールが、トウガラシにはカプサイシンが含まれています。

どちらも、体温を高める効果のある成分です。

これらが配合された葉酸サプリを飲めば、体の冷えから来る不妊症や不育症を回避しやすくなります。

いつの日か宿る生命のために、まずは自分の体をしっかりと温めてくださいね。

葉酸(染色体異常による流産を防ぐ)

お腹の中で受精卵が生まれたとしても、妊娠できるとは限りません。

受精卵に染色体異常があると、着床する前に力尽きてしまうことがあるからです。

いわゆる化学流産です。

染色体異常さえなければ、育っていたはずの赤ちゃん。

失われてしまうことは、とても悲しく残念ですよね…。

これを防ぐためには、葉酸が配合された葉酸サプリを飲みましょう。

葉酸は、受精卵の染色体異常を防いでくれる栄養素なのです。

また葉酸の摂取は、妊活中の女性だけでなく、パートナーの男性にもおすすめです。

摂取すれば、精子の段階での染色体異常が防がれやすくなるからです。

新しい生命は、女性と男性のどちらか片方だけでは誕生しません。

ですから妊活も、ぜひ2人で手を取り合って進めてくださいね。

葉酸サプリのおすすめ成分のまとめ

葉酸サプリ

葉酸サプリは、目的に合わせて選ぶことが大事です。

原料や配合成分によって、効果が異なっているからです。

マカ

ホルモンバランスが乱れている場合におすすめです。

植物性のエストロゲンが、ホルモンバランスを整えてくれます。

血行を良くするアルギニンも含まれています。

鉄分

貧血気味の女性におすすめです。

摂取すれば、血液中のヘモグロビンが作られやすくなります。

すると、貧血による子宮や卵巣の機能低下が防がれやすくなります。

ショウガ、トウガラシ

体温を上昇させる成分が含まれているため、冷え性に悩む女性におすすめです。

冷え性を防いでいれば、不妊症や不育症を回避しやすくなります。

葉酸

受精卵の染色体異常を防ぐ栄養素です。

精子の染色体異常防止にも効果的なので、男性もぜひ摂取しましょう。

染色体異常が起こらなければ、化学流産のリスクは低下します。

このように、葉酸サプリの効果は成分次第。

自分の体で改善したい部分はどこなのか、よく考えた上で葉酸サプリを選んでくださいね。